大人ニキビ改善方法

大人ニキビ改善方法のおすすめ

大人のニキビで悩んでいる人は多いですね。

 

大人ニキビと一言でいっても色々な原因やタイプがあり、対策方法も様々です。

 

そこで沢山の人の悩みと対策を参考にして、自分なりの対策を作っていくことが大切です。

 

 

ニキビ対策は自分にあった方法を探すことが大切ですよ!


 

私自身も長くニキビには悩まされていて、いろいろな対策を試してきました。(私の対策は下の方に書いてあります。)

 

その中で特におすすめのものをピックアップしました。

 

ニキビケアはご自分に合ったものを見つけることが大切ですので、改善のヒントにしてみてください!

 

大人ニキビのタイプ別対策

 

大人ニキビってどんなもの

 

 

そもそも大人ニキビってどうしてなっていますのですか?


 

大人ニキビは、思春期のニキビとは異なる原因で発生します。

 

思春期のニキビは毛穴に皮脂がたまってできるもので、油を取り除いていくのが基本のケアになります。

 

これに対して大人ニキビはホルモンバランスの乱れが主な原因です。

 

男性ホルモンが優位の状態になることで、毛穴に角栓が詰まりやすくなります。

 

これに加えて乾燥によるバリア機能低下によって、ニキビが発生しやすい状態になるのです。

 

大人ニキビの基本のケアは、

 

ホルモンバランスを整える

 

保湿をしっかりする

 

の2つがポイントとなります。

 

 

ホルモンバランスについては下の方でご説明します!


 

大人ニキビのタイプ

 

大人ニキビはタイプ(進行度)に合わせたケアが大切です。

 

初期のニキビケア(予防)

 

ホルモンバランスの乱れと、乾燥による角質層のバリア機の低下によって、毛穴が柔軟性を失ってしまった状態です。

 

この段階では、まだ表面には現れていない状態ですので、予防段階とも言えます。

 

この段階では、保湿をしっかりして角質層のバリア機能を復活さっせるとが中心になります。

 

スキンケアをしっかりと行い予防をしていきましょう。

 

白ニキビ発生段階

 

毛穴が角栓で塞がって内部に皮脂がたまっている段階です。

 

病院に行って、面法圧出という治療法で完治できます。

 

乾燥を防ぐスキンケアをしているのに、この状態に頻繁になる場合は、ホルモンバランスを整えることを考えなくてはいけません。

 

黒ニキビの発生段階

 

内部にたまった皮脂が空気に触れて酸化することで黒ニキビが発生します。

 

見た目は白ニキビと違いますが、基本的には白ニキビと同じ治療法となります。

 

さらにホルモン治療をしましょう。

 

 

黒ニキビは自分でケアできるギリギリなんですね!


 

赤ニキビ発生段階

 

赤ニキビは炎症起こることで発生します。

 

医療機関に行って、抗生物質やステロイド治療が必要となります。

 

 

赤ニキビは病院に行かないといけないですね!


 

黄色ニキビ発生段階

 

黄色ニキビは、さらに炎症が進み膿がでることで黄色く見えるようになって発生します。

 

皮膚科に行っての治療が必要です。男性ホルモンを抑える治療をすることもあります。

 

紫ニキビ発生段階

 

炎症が更に悪化して、毛穴の中に膿と血が混ざっている状態になって発生します。

 

ホルモン療法、漢方などの併用、切開しての膿などの除去も必要になってきます。

 

 

ここまでにならないようにケアしたいですね・・・


 

大人ニキビのタイプ別対策

 

どのタイプ(進行段階)でも、共通して保湿とホルモンバランスのケアが大切です。

 

ホルモンバランスが悪化する原因はストレスが大きく影響していると言われています。

 

ストレスの多い状況に置かれると、男性的な意識が必要となり男性ホルモンが分泌されるのです。

 

ストレスを減らすというのは簡単ではありませんが、まず体た疲れた不健康な状態を防ぐことが大切です。

 

 

まず毎日のケアをしっかりやっていきましょう!!


 

ホルモンバランス対策

 

睡眠をしっかり確保する

 

毎日の食生活の乱れに注意する

乳酸菌や酵素などを含む発酵食品をしっかりとって腸内環境を整えることも大きな影響があります。

 

サプリメントを使う

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む豆乳などを摂るのも良いです。

 

月見草オイルなどもホルモンバランス改善によく用いられます。

 

 

下記でおすすめのサプリをご紹介します!


 

 

大人ニキビの改善におすすめの商品

 

ビーグレン

 

ビーグレン

 

ビーグレンは専門機関でしっかりと研究されて開発された商品です。

 

科学的な実験で効果を検証されていますので、使ってみれば実感できるとと思います。

 

ビーグレン

 

 

富士フィルム ルナメアAC

 

ルナメアAC

 

富士フィルムのルナメアACは、肌への刺激が少なくて、他の商品が使えなかった人にも向いている商品です。

 

ニキビケアにはうるおいが必要なことにも注目しています。

 

ルナメアAC

 

ラ・ミューテ

 

ラ・ミューテ

 

ラ・ミューテは、女性ホルモンのバランスに注目した商品です。

 

生理前など女性ホルモンが乱れると肌の水分や皮脂の量が変化して、大人ニキビの原因になると言われています。

 

また、乾燥による皮脂の過剰な分泌で毛穴が詰まり、結果として皮膚のバリア機能が低下することもニキビの原因になります。

 

ラ・ミューテはこれらの原因にアプローチして大人ニキビをケアしています。

 

今なら半額セール中ですのでお試しになることをおすすめします。
ラ・ミューテ

 

 

私のニキビケア

私は20歳を過ぎてからニキビに悩まされるようになり、いろんな方法を試してきました。

 

20代前半は、両ほほ、口の下が特にひどく、資生堂のdプログラム、エテュセのニキビケアライン、オルビスのクリアライン、コーセーの雪肌精などなど、他にも数えきれない数の化粧品をラインでそろえて使用してました。

 

が、ますますひどくなる一方でした。

 

 

知り合いに「それでも化粧したいあなたに」「続それでも化粧したいあなたに」「続々〜」の三冊の本を読んでみてと渡され読んでみた結果、何もしないせずにニキビが治るならそのほうがお金も手間もかからずよっぽど良いと思い、すがるような思いですべての化粧品を捨てました。

 

洗顔もシャボン玉石けんを使い、洗顔後は何も付けない。

 

乾燥して突っ張っても我慢。

 

これで波が引いていくように治っていきました。

 

 

 

それもつかの間、しばらくするとまたぶつぶつ出てきます。

 

大人のニキビはしつこいと言うけど、本当に頑固です。

 

41歳の今も口の下にたまにニキビができます。

 

 

 

30代前半のときに、20歳のころのようなひどいニキビが突然顔中にできました。

 

皮膚科に行き抗生物質を飲んで治ったニキビとしつこく治らないニキビがあり、1週間おきに別の種類の抗生物質を出されました・

 

これ、医者が一番やってはいけない薬の出し方なんですよね。

 

でもその時は、鏡を見るのも辛くストレスになるほどだったので、出された薬を3ヵ月飲み続けました。

 

治りません。

 

 

 

そこで自分なりに調べて、ビタミンのイオン導入を試しました。

 

サロンに通うのは大変なのでラメンテの美顔器(イオン導入器)を買い、毎晩ビタミン導入したところ、次の日には2日後にはみるみる小さくなっていきます。

 

救われた思いでした。

 

今もニキビが出るとイオン導入しています。

 

こんなかんじで今も試行錯誤しています。